FIB(Focused Ion Beam/集束イオンビーム)ってなに?

FIB(Focused Ion Beam/集束イオンビーム)とは、その名の通りイオンビームで半導体を加工できる装置である!

FBI(Federal Bureau of Investigation/連邦捜査局)とは違うんだぜ~

FIB(Focused Ion Beam/集束イオンビーム)ができること

スーパー便利だぜFIB!どんなことができることのかまとめてみたぜ!

FIBができること① ナノサイズ配線の切断

ナノの世界で配線を切断できる!

1nm(ナノメートル)=1/1,000(千分の1)μm=1/1,000,000(百万分の1)mm=1/1,000,000,000(十億分の1)m

超小さい配線を一本だけ断線することができちゃんだぜ~

FIBができること② ナノサイズ配線の加工

逆にナノの世界で配線が作れちゃうぜ~つなげちゃうぜ~

手作業でナノサイズ配線できるやつなんざこの世にいないと思うが、こいつを使えば誰でもナノサイズ配線できちゃうんだぜ~(ただし練習は必要です)

FIBができること③ ナノサイズ回路が作れる!

断線と配線ができるってことは、もう回路がつくれちゃうんだぜ~

たまんねぇだろ~

FIBができること④ 半導体を一刀両断!ぶった斬れる

「半導体を真っ二つにして、横から見たい~」ってときも、こいつを使えば『ショートケーキをナイフでザックリ!』みたいに切断できちまうんだぜ~

局部を断面観察したいときはすげぇ便利なんだぜ~ワイルドだろ~

FIB(Focused Ion Beam/集束イオンビーム)の原理

FIBはイオンビームをギュッと集めてビームにしてんだぜ~

断線とか切断のときの原理は『虫眼鏡で太陽光を集めて黒い紙を燃やす』ってのとだいたい同じだぜ~

逆に配線のときは化合物ガスをを吹きかけて、イオンビームでイオンをぶつけて配線を作るんだぜ~

そんな感じだぜ~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加